コーナリングの走り方

コーナーでの事故でよくあるパターン

山道など見通しのよくないカーブでは自動車やバイクの事故が頻発しています。

カーブで起こる事故でよくあるケースとしては、急なカーブを曲がり切れずに対向車線にはみ出してしまったときに反対方向から来た自動車やバイクと出会いがしらに衝突をしてしまうというものがあります。

単独で起こす事故もあり、スリップやハンドル操作の失敗でガードレールや岸壁に激突してしまうということもよくある事故ケースです。

自動車やバイクのカーブ部分の操作であるコーナリングは、運転者の腕前で走行の様子が大きく異なります。

自分の腕を過信してスピードを落とさないままカーブに侵入してしまい、慌ててブレーキをかけたが間に合わずに衝突ということも多いため、慣れないうちからいきなり高スピードで山道を走る危険走行行為は極力避けるようにしてもらいたいところです。

山道のカーブでの事故は自分で運転があまりに得意ではないと思っている人よりもむしろ自分の運転技術は高いと思っているベテランドライバーに多いということも特徴になっています。

事故の起こりやすい道というのはだいたい決まっていますので、そうしたところを走行するときには謙虚な気持ちを持って侵入するようにしたいものです。

コーナリングの基本的な走行方法

コーナリングの失敗例としてよくあるのが、ハイスピードで侵入しカーブに入ってから減速するという方法です。

「このくらいのカーブなら曲がり切れるだろう」という甘い憶測で直線道路のスピードそのままで侵入をして、いざ曲がろうとしてみたらハンドル操作が思うようにいかず慌てて減速をしたけど間に合わずスリップをしてしまうというのがよくある事故ケースです。

カーブの基本は侵入前にスピードを落とし、カーブを出る直前に加速をするというものです。

わざと危険な走行を楽しむためにハイスピードでカーブに入りタイヤを横滑りさせて無理やり方向を変えるというドリフト走行をする人もいますが、これはどの車でもできるわけではありませんし何より周囲に多大な事故をもたらす可能性が高いので絶対に安易に一般公道で試そうとしてはいけません。

また自動車で走行している場合、前方からバイクが来たら特に注意をしたいところです。

というのもバイクは路面の状態に非常に影響を与えやすい乗り物なので、雨の降り始めや落葉の季節などスリップしやすいときに相手が滑ってこちらに接近してくる危険性があります。

カーブが多く続く道では自分自身が安全運転をするだけでなく、相手からも身を守る注意を払っていくことが重要になります。

カーブは遠心力で進路が膨らむもの

なぜカーブ部分でハンドル操作を誤ってしまうかというと、それはカーブを曲がるときにかかる遠心力について計算しないまま侵入してしまうからです。

遠心力とは曲線状に動くとき外側に向かって働く強い力のことで、猛スピードでカーブに侵入してくるとどうしても途中で外側に引っ張られる力を感じることになります。

この遠心力を自分の力で操作するのは大変難しく、最短コースで抜けようとするほどこの遠心力につかまって操作を誤ってしまいがちです。

ですのでコーナリングをするときにはあらかじめきちんと減速をするだけでなく、カーブ入口はなるべく外側に進路をとるようにし、無理せず道路外側をキープしながら抜けていくイメージで運転をしていくようにします。

これは「アウト・イン・アウト」というテクニックで、山道だけなく一般道でも安全運転をしていくためのポイントとなります。

Scroll to Top