エコドライブテクニックのススメ

エコドライブで燃費向上

今時の自動車選びの最重要ポイントとして挙げられているのは「燃費」です。

大手自動車メーカーが次々と燃費性能を偽装していたというニュースは耳に新しいところですが、それもこれもすべて消費者側がわずかでも燃費がよい自動車を求めて購入しているからです。

しかし仮に他社に比べて燃費性能がよい自動車を購入したとしても、必ず思い通りの燃費を実現することはできません。

というのも実際の走行における燃費性能は、運転手の技術や乗り方によってかなり大きく左右されてくるからです。

逆に言えば表向きの燃費性能はそれほどでもない自動車であっても、普段から燃費のよいエコドライブをしていれば年間にかかるガソリン代を大きく減らすことができます。

急発進と急制動が最も燃費を落とします

自分がエコドライブをすることができているかは、自動車についているドライブチェック機能で診断することができます。

古い車にはないこともありますが、ここ数年に販売されている自動車ならどのメーカーのものでも運転中の燃費状態がベストであるかどうかを診断することができるランプがつけられています。

エコドライブの基本は「急発進」と「急制動」をしないということです。

自動車が最も燃料を消費するのは言うまでもなく走行中ですが、特に急発進をするときには一気に燃焼が起こり燃費をおとしてしまいます。

また急制動をするとそれまでの運動エネルギーが一気に消えてしまいますので、ゆっくり停止していれば燃焼を少なく距離を稼ぐことができていたものがゼロになってしまいます。

この二つを行わないようにするだけでもかなり燃費性能はよくなります。

Scroll to Top