青森のおすすめドライブスポット

八甲田山の見どころ

標高1584mの山として知られているのですが、山麓には、積雪量日本一を誇る酸ヶ湯温泉が立地している他、冬になると酷く寒くなるところが、地域の見どころとして知られています。

冬になると、人を遠ざけるようなコンディションになる八甲田山ですが、八甲田山の魅力は近づきがたいのに、なぜか人を惹き寄せるようなドライブスポットが多いところでしょう。
標高1584mのため、山から先々を見下ろすと色々な景色を楽しめるようになっているため、このような景色を求めて来る人もおられるのです。

有名なドライブスポットでは、城ヶ倉大橋、蔦沼等、紅葉スポットなどがあるため、秋から冬にかけて多くの人が楽しまれている、ドライブスポットとして人気を博しています。

人気のドライブスポット

八甲田山は、城ヶ倉大橋の紅葉というスポットが有名です。

城ヶ倉大橋は、酸ヶ湯温泉の近くにあるスポットとして有名なのですが、ドライブスポットとして楽しめる要素も多いです。
紅葉の風景を楽しめるようになっているのですが、赤一色という美しさではなく、落ち葉の黄色などが混じっている状態で、紅葉が一層映える状態のままドライブを楽しめるようになっています。

道路がしっかりと整備されているため、ドライブスポットとして気持ち良く走行することもできますし、曲がりくねった道が多くないので、絶景スポットで写真撮影する際に困ることもありません。
全体的に道が開けているので、走行そのものが難しいということもないでしょう。

近年では、地域の見どころとして紹介されることが増えているため、写真撮影スポットが、各種メディアで取り上げられることも増えてきました。
このようなポイントを狙って、わざわざ城ヶ倉大橋の紅葉を見に来る人もいるのです。

オススメの時間帯

城ヶ倉大橋の紅葉がより赤くなるタイミングですが、それは夕焼けです。

なので、ドライブスポットとして城ヶ倉大橋を利用する際は、このような時間帯を参考にして利用するようにしましょう。
補足となりますが、日中だとドライブスポットとして使いづらいわけではありません。

ですが、夜間に近づくと多くの人が道路を利用するようになり、走行音が気になるポイントもあります。
昼から夕方にかけてであれば、このような問題も少なく、多くの人が絶景を見ながら、時に写真撮影も楽しむといった、優雅な時間を過ごされるようになるため、このような時間を狙って、絶景を多くの人と共有されると良いでしょう。

城ヶ倉大橋の紅葉は、斜面を狙って写真撮影するのも大事です。
地域の見どころとして紹介されるポイントでもあるのですが、夕暮れが近づくに連れて真っ赤になるので、橋、木々がすべて赤く染まっていくのは絶景です。

Scroll to Top