オイル交換の時期や頻度について

エンジンオイルの働きとは?

定期的に交換が必要になるエンジンオイルは、自動車の動力部分であるエンジン内部で動作を円滑にするために使用されています。

エンジンオイルは別名「モーターオイル」と呼ばれることもあり、エンジン内における摩擦を防ぎ熱が高くなるのを防ぐ役割をします。

エンジンオイルの役割を理解するためにはまず自動車のエンジンがどのような仕組みで動いているかということを理解する必要があるのです。

乗用車として最も多く使用されているのがガソリンエンジン車ですが、これはガソリンを内部で燃焼させることでエネルギーを作り出すようになっています。

ガソリンを燃焼させることによりピストンが上下に動くようになっているので、これを前後のタイヤに連動させることで車輪を動かします。

ピストンが蒸気により上下するときには必ず金属同士が摩擦することになるので、もしエンジンオイルがなければ金属同士がものすごい熱を作り出すことになり、さらに金属同士の摩耗が激しく起こることになります。

そこで内部にあらかじめオイルを入れておくことで金属が滑らかに動かせるようになり、かつ熱が高まるのを抑えることができます。
長く同じオイルを使用していると内部の燃焼や金属同士の摩耗が起こることにより汚れがで出てしまうので、本来の性能が衰えてしまいます。

またオイルはまったく使用していなくても酸化により劣化が起こるので時期ごとに交換をしなくてはいけません。
そのため自動車のエンジンオイルは一定距離を走行した場合かもしくは年数が経過したタイミングで交換をする必要があるのです。

エンジンオイルの種類と選び方

エンジンオイルとして販売されているものは大きく三種類あり、それぞれ「鉱物油」「化学合成油」「部分合成油」として区別されています。

このうち以前より使用されてきたのは原油を精製した「鉱物油」でしたが、より性能を高めるために化学的配合をしたのが「化学合成油」、さらにこの二つをより便利に使用するために混合して作ったのが「部分合成油」として開発されました。

またエンジンオイルには「粘度」というものがあり、品番を見ることでそのオイルがどのような環境での使用が望ましいかがわかります。

エンジンオイルの選び方のコツとしては、自分が普段どういった環境を走行するかやどのくらいの頻度で走るかといったことを考えてそれに適したものにするということがあります。

とはいえエンジンオイルには多数の種類がありますので、自宅で自分でオイル交換をする設備があるという人でないなら、最寄りのSSや整備工場にお願いするがよいと思います。

ただ自分でも詳しくなっておくことでよりオイル選びに積極的に知識を生かせるので、市販されている製品の違いを見分けられるようになっておくことはおすすめできます。

軽自動車やターボエンジンは早めに交換を

エンジンオイルの交換時期の目安となっているのは、15,000kmを走行した時もしくは1年経過したときです。

ただしここ最近では交換時期が長い性能のよいオイルも多く販売されているので、一概にすべてのオイルや車種がこの時期に相当するかというわけではありません。

参考>>エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?

またエンジンそのものに不調が起こっているとエンジンオイルの交換時期も早くなってしまうので、適時オイルの状態の点検をしてそちらを参考に交換していくのがよい方法と言えます。

特に注意が必要なのが軽自動車やターボエンジン車で、こちらは過給器がついているためどうしても高回転や高負荷になりやすくエンジンオイルの摩耗スピードが速くなります。

またディーゼル車はガソリン車よりも摩耗が早いので、交換時期ばかりを気にせず車の状態を見て判断してください。

Scroll to Top