エアロの効果について

自動車についているエアロパーツの謎

スポーツカータイプの自動車によくついているのを見かけるのが「エアロパーツ」です。

エアロパーツとは自動車の後部に設置する大きな翼状のものもあれば、フロント部分の左右についている小型のタイプのものもあります。

エアロパーツを付ける目的は高速で運転をするときに車体を安定させることです。

車体にエアロパーツを設置することで速いスピードを出した時の空気抵抗を減らすことができ、運転をするときの車体のブレが軽減され運転がしやすくなります。

ただ一方で車載することによりその分の重量が車にかかってきてしまうので、燃費性能はパーツをつけていない車と比較して悪くなってしまいます。

高速運転をよくする人ならエアロパーツのメリットを実感することができますが、普段滅多に高速には乗らず一般道の運転が多いという人にとってはファッション的な部分が多くなります。

ディフューザーで空気抵抗を減らす

エアロパーツの中でも特に多く設置されているのが「ディフューザー」と言われるフロントもしくはリアの部分にとりつける底面カバーです。

デュフューザーをつけた車体は底面を見ると平らな状態になっており、通常の自動車と比較して空気の通りがよくなります。

デュフューザーはほかのウイングなどのエアロパーツと比較してそれほど目立つことがなく、それでいて効果が高いパーツなので、さりげなく走り好きをアピールすることもできるというメリットがあります。

素材はいろいろなタイプがありますが軽量化も進められているので、極端に燃費性能を落とす心配もありません。

また狭義ではエアロパーツではないのですが、「スーパーボンネット」というボンネット部分に空気穴をあけるというカスタマイズ方法もあります。

よくボンネット部分だけ色が異なる車を見かけますが、その時中央付近に凹凸がついている場合にはエアロパーツとして設置する目的で交換しています。

スーパーボンネットはエンジンルームの通気をよくすることで温度上昇をおさえる効果が得られます。

Scroll to Top