車のタイヤ選びのコツ

命を乗せるタイヤの役割

自動車を走らせるために道路に直接接触するのがタイヤです。

そのためCMなどで「命を乗せる」といった表現がされることもありますが、文字通りこのタイヤがどのような状態にあるかによって安全状態は大きく変化してきます。

タイヤは自動車の走行だけでなく、ブレーキやカーブなど基本動作のすべてを担うものとなるのでただついていればそれでよいというわけではありません。

タイヤの材質はゴムなので、長年使用していくことにより摩耗が起こったり、経年劣化により割れやすい状態になります。
早め早めに状態を確認して交換時期を見ていくようにしましょう。

自動車用のタイヤにもいくつか種類があり、車種や走り方によって選ぶことができます。
一般乗用車向けに販売されているものは静粛性や乗車中の振動を抑える乗り心地重視となっていますが、他にもグリップやハンドルがききやすくなっているタイプや、オフロードでの走行ができる特殊なタイヤなどがあります。

またタイヤにはそれぞれサイズが決められており、車種によって径の大きさや横幅が標準となっているものがあるでしょう。

今はやりの改造である「リムアップ(インチアップ)」などは本来のタイヤ径と異なるものをつけるという方法ですが、そうしたタイヤ部分の改造は安全面に大きな影響を与えるとともに危険なものなので、かなり慣れた人でなければ絶対に行ってはいけません。

韓国製タイヤメーカーが台頭してきています

タイヤメーカーと言えば、日本国内でも「ヨコハマタイヤ」や「トーヨータイヤ」といった国産メーカーが有名です。

ですがここ最近タイヤ業界で大きな力をつけてきているのが韓国のメーカーで「ハンコック」「クムホ」といったところの製品が日本でも多く見かけるようになってきました。
自動車製品の量販店では激安タイヤとして販売されていることも多いようです。

なおこうした韓国製のタイヤはJISマークを獲得していないことも多いのですが、今のところタイヤ性能そのものが原因の事故というのは報告されていませんので基本的な性能には問題がないようです。

韓国製タイヤはこれまで日本国内では国内メーカーの力が強かったことであまり販売されていませんでしたが、世界的にはレーシングカー用に広く使用されてきたという経緯があります。

価格の安さが一番の魅力ですが、性能面についてもかなり配慮がされておりコストパフォーマンスの高さが評価をされるようになっています。

国内タイヤでも最大手の横浜タイヤは「低燃費タイヤ」というジャンルを最初に導入したという実績もあり、信頼性の高さで選ぶなら輸入タイヤとりも一歩リードしています。

一般向けタイヤは全体的に値下がり傾向にありますので、どのメーカーでなければいけないかということはあまり気にしなくてもよいかもしれません。

中古タイヤを選ぶときに注意したいこと

タイヤはサイズがきちんと合っていることを前提に、メーカーや価格からどれにするかということを選ぶことになります。
よく聞かれる質問としては「新品の輸入タイヤと中古の国産タイヤではどちらが安全か」というものがあります。

最近はタイヤの中古品も多く出回っており、有名メーカーの高級タイヤを安く購入する機会もあるので選択の幅はかなり広くなっています。

タイヤの寿命はだいたい10年くらいで、2年を超えたくらいから硬化が始まるとされています。
ですので中古品の場合高級品でも数年が経過しているものは性能がかなり落ちていると思った方がよいでしょう。

ただ製造から数年以内のものなら中古でも高級タイヤはかなり乗り心地がよく、グリップの良さも実感することができます。

新品のアジアンタイヤは安いものになると国産新品の1/5くらいで購入できてしまうので、普通の町乗り用ならそちらを買って長く使用する方がよいかもしれません。

しかし注意したいのがスタッドレスタイヤなど特殊な条件で使用するタイヤの場合で、こちらはやはり日本国内の気候に合わせて製造されている国産メーカーの方が圧倒的に性能が上になります。

Scroll to Top