デイズ

日産と三菱自動車との合弁会社が企画開発を担う

デイズは、日産の軽トールワゴンで、三菱自動車の3代目「eKシリーズ」と共同で開発され、実際の製造は三菱自動車が担っています。
発売は2013年ですが長い人気を誇り、販売台数ランキングでは上位に食い込んでいます。
三菱との合弁会社のNMKVが両社向けに、各方面において両社の強みを最大限に活用し、両社のオリジナリティを生かす異なるデザインを企画・開発して、優れたクルマ作りをしています

開発のメイン方針と部品の調達の分野では日産側がリーダーシップを発揮し、企画・開発や生産は三菱側が担当すると言われています。
なお、外観のベースとなるデザインはコンペティションが行われ、三菱側のデザインが使われています。

「日産が真に作りたかった軽自動車」とのキャッチフレーズどおり、初めて日産が軽自動車の開発に初期段階からかかわりを持ったクルマで、日産らしく躍動感にあふれたデザインやクオリティの高い室内スペースの実現という特徴を持ちます。
このクルマの長所は、インテリアの仕上げと他車とは一線を画す乗り心地のセッティングで、販売店でも自信を持って「日産の軽」として売り込みます。

高い質感を持った内装

特に、シートの出来映えは素晴らしく、体重がやや軽めであれば、最適な抱擁感と衝撃吸収が高い評価を受けています。
シートが高評価のライバル車のホンダN-oneは別格として、他の軽自動車にはない乗り心地で、コンパクトカーにも勝るとも劣らない質感を持っています。

運転席周りの静電式スイッチはメカニカルなプッシュ方式、ロータリー方式は採用されず、フラットな固いパネルにタッチすることで操作できます。
運転者は走行中に視線をスイッチに落としたくありませんが、明確に「押した!」感は欲しいところです。
デイズのスイッチ類は、主な機能のスイッチのタッチエリアが広く確保され、触れたスイッチにより違った音が発せられ、「押した!」感を実現しています。
ただし、手元を見ないで安心してタッチできるようなるまではやや時間がかかりそうです。

エンジンとミッションの動力性能

エンジンを始動させても、他の軽自動車にみられるハンドルやペダルに伝わる振動が少なく、格を感じさせる上質な仕上がりと言えます。
ただし、エンジン音の質感については、軽乗用車というより軽トラックエンジンのようで質感はやや劣ります。

レスポンスにもやや鋭さにかけアクセルの踏むスピードに敏感には反応してくれない「もっさり感」は否めません。
思い通りの加速を得るためにはかなり神経質なペダル操作が求められます。
CVTが低燃費を優先するセッティングとなっており、例えば、高速道路で車が巡航速度に入ったと判断すれば、すぐに巡航モードとなります。
更なる加速を求めている場合、ペダルを踏んで指示を送れば再度加速モードに入りますが、このタイミングでショック音がします。

Scroll to Top