ハスラー

滑りやすい路面に強いスズキのSUVタイプ軽

2014.1に発売の軽トールワゴンとSUVの2つの魅力を合わせ持つ新しい領域の軽で、アウトドアスポーツを楽しむ若者に訴求するアクティブさと可愛らしさが評価される車です。
「遊べる軽」のコンセプトの下で、従来存在しなかったワゴンとSUVを融合させたクロスオーバーSUVの軽自動車版という位置づけです。

スポーツやレジャーの目的で、山道や雪道など起伏が大きく、走りにくい路面を走る機会が多い活動的なユーザーをターゲットに定めており、クロスカントリーを専門フィールドとするジムニーとは、ジャンルを異にする車に仕上がっています。
4WD・CVT(無段階変速)車の多くのグレードのモデルで、雪道などの滑りやすく急な下り坂で、エンジンブレーキやブレーキペダルを補助する役割のシステムとして、ヒルディセントコントロール(ブレーキ操作せずに7km/hの一定速度で走行可能)が採用されました。

また、ぬかるみや雪道などの路面での発進時の制御システムにグリップコントロール(滑らない車輪に動力を集めて伝達)を軽で初採用しました。
また燃費性能にも優れ、実燃費は平均20km前後と言われ、ほかのワゴン系の軽自動車と異なるボディスタイルで、短いボンネットスタイルでフロントガラスが立ち上がっており、視認性にも優れています。
214.10には2014年度のグッドイヤー賞を受賞するなど、コンセプトにおいてもデザインにおいても異彩を放つ存在です。

車中泊も可能にした居住性の良さ

ハスラーは内装面でもアウトドアスポーツやレジャー使用を想定した設計であり、2名までなら車中泊に十分対応できると言われます。
ただし、グレードによって機能が違い、従がって、車中泊の際の使い方やシート調整も違ってきますので、使用方法に応じてグレードのチョイスを考慮する必要があります。

1人で車中泊をするケースであれば、全てのグレードで対応可能で、後部座席スライド機能やドライバーズシートのリフターが装備されないため、助手席側を前に倒してフルフラットに近い状態を作って寝ることになります。
2人で車中泊をするケースでは、グレードGとXがおススメで、前列の両席をリクライニングさせた上、後部座席をスライドさせて、車内全体をフルフラット状態にできます。
運転席のシートリフターはオプションになるケースでも、段差ができにくくフルフラット状態が作りやすいので、このオプションはつけた方が良いです。

フルフラットにする際の段差解消法

ハスラーの室内をフルフラットにする場合問題となるのは、3箇所に生じる段差と隙間です。
先ず、1列目シートに座面と背凭れに5cm程度の段差が出来、また、ドライバー席と助手席のあいだに僅かなスキマが生じますが、これらは何れも小さな段差、スキマで厚手の座布団や段ボールを敷けば解消可能です。
さらに、1列目シートとリアシートのあいだに少し大きめのスキマが出来るのですが、クッションや枕等を用いて埋め、少し硬めのダンボール板を敷いて沈まないようにします。

Scroll to Top