渋滞情報アプリ、徹底比較!

アプリでどこまで渋滞情報をキャッチできるか

長距離ドライブをするときにとても便利なのが渋滞情報です。

GWなど休日になると普段はそれほど混雑しないはずの道路で大渋滞が起こっていたりするので、リアルタイムで検索できる渋滞情報確認ツールがあるかどうかでドライブの快適さがまったく違ってきます。

内蔵型のカーナビシステムでは自動的に表示をされる渋滞情報ですが、普段スマホアプリをカーナビとして使用している人の場合はどうでしょうか?

スマホアプリにも渋滞情報を簡単に調べることができるものがあります。
有名なカーナビアプリである「Yahoo!カーナビ」や「GoogleMap」でも路面上に渋滞情報を表示させることはできます。

ただこの二つのカーナビアプリでは、「Yahoo!カーナビ」はVICS情報を元にしているのに対して「GoogleMap」では独自の通信網による渋滞情報をいう違いがあるので、二つの内容に微妙に差が出てくることがあります。
こちらをナビ設定時に同時に使えるようにしておけばこれから通る道についての情報を得ることができます。

いずれもかなり性能はよいという感想が多く寄せられているので、スマホを使ってカーナビにするならこれらを利用してみるというが一番の方法と言えます。

渋滞情報を独自にキャッチするアプリもあります

自分の通る進路だけでなく、今路面全体でどういった渋滞が起こっているかということを確かめたいこともあるのではないかと思います。

そんな時に便利なのが渋滞状況をピンポイントで調べることができるアプリです。
代表的なものとして「渋滞情報ナビ」があります。
こちらはアプリを起動するとすぐに主要路線と渋滞状況が表示されるので、そこから自分が通りたい道を考えることができます。

同じように無料で検索することができる渋滞検索アプリがいくつかありますが、それらはほとんどが「JARTIC」という公益財団法人日本道路交通情報センターから発信されているものを受け取っているので内容にほとんど違いはありません。
なのでアプリを選ぶとしたら情報の精度よりもむしろUIのような使い勝手となります。

その点「渋滞情報ナビ」は一目でわかる表示方法と便利なメニュー構成となっているので、手軽に渋滞情報を知りたいならおすすめです。

Scroll to Top