【AT車編】アクセルとブレーキ操作の方法

正しくアクセルとブレーキを踏む大切さ

普段の運転でアクセルとブレーキを踏むことは基本となる動作です。
何気なく運転をする時に踏み込んでいることも多いですが正しく踏み込むことができるかどうかで安全な運転ができるのはもちろんですが上手に運転ができるかどうかも決まってきます。

意外ときちんとブレーキが踏み込めていない人は多いです。
今一度自分のアクセルやブレーキの踏み込み方が正しいか見直してみましょう。

ペダルを操作する際の足の位置

運転をする時には左足は操作をしない場面があります。
その際には左足はフットレストに置いておき走行中の運転姿勢を固定させるようにしましょう。

右足は基本的にはブレーキペダルにまっすぐ合わせてかかとは床につけておきます。
この時つま先はブレーキの上に軽く添えるようにしておくと必要な場面ですぐに踏み込めて安心です。

アクセルペダルを踏みこむ時には右足のかかとを支点にしてつま先を右に傾けるようにして踏み込みます。
あくまでも支点の場所から足を話すことなく固定をしたまま力を入れるようにするのです。

右足を基本位置に固定をしておくことでブレーキとアクセルの不見間違い防止にもなります。
ただ、車種によってペダルの位置は違いがありますし足の大きさにも個人差があるので必ずしもブレーキの前に足を固定するのが良いわけではありません。
両方を押しやすく固定しやすい場所になるよう場合によっては微調整をするようにしましょう。

足の裏は指の付け根がペダルの中央に来るようにして踏み込むます。
こうするとしっかりと力が入りますし力の調整もしやすいです。

アクセルの操作方法

アクセルペダルを操作するにあたっては安心安全に走行速度を調整するために滑らかにアクセルペダルで加速することが望ましいです。
踏み始める時には柔らかく踏み込み加速が始まってからは急激に踏み込まないようにすれば踏み込む力が強かったとしても加速は滑らかになります。
踏み込み加減と加速の感覚を身につけるためにも色々な強さでペダルを踏みこんで感覚を身につけるようにしましょう。

発進をする際にはオートマ者の場合にはアクセルペダルを踏みこまなくてもドライブにシフトが合わせられていればブレーキから足を離すだけでゆっくりと車は走り始めます。
動き始めてから少しアクセルペダルを踏みこんでなだらかに加速させ速度を一定にするためにぐっと踏み増すと快適な速度にスムーズに到達できるようになるのです。

ブレーキペダルの操作方法

ブレーキペダルの上手な踏み込み方も基本的にはアクセルと同様です。
急ブレーキをかけたり急な減速をしたりすると体が揺れてしまうので滑らかに速度を落とすことを意識していきます。
滑らかに減速するためにも踏み込み始めは柔らかく踏みブレーキが効き始めたら少し強めに踏み込んで止めるようにしましょう。

とはいえ緊急の時には急ブレーキも必要です。
万が一目の前に障害物が飛び出してきたり危険なことが起きたりすれば体が前方に飛び出したとしても急激にブレーキをかけて止まるようにします。

Scroll to Top