【AT車編】下り坂でのエンジンブレーキの活用法

下り坂ではエンジンブレーキを活用しよう

下り坂を走る時にはエンジンブレーキを活用することが望ましいです。
長い下り坂では何度もブレーキを踏まなければならない場面もあります。
下り坂はアクセルを踏んでいなくても加速してしまうことがあるので思っているよりも速度が出がちです。

そのような時に速度を適切に保つのにエンジンブレーキが役立ちます。
うまく活用できない人はエンジンブレーキで失敗をしてかけることへ苦手意識を持っている人もいるものです。
うまくエンジンブレーキを活用するにはいくつかのポイントがあります。

エンジンブレーキを活用するタイミング

オートマ車のエンジンブレーキは速度を落とすタイミングに応じて書けるのが一般的です。
アクセルを踏んでいない場面ではエンジンブレーキがとてもよく効きますしゆったりと減速をすることができます。

エンジンブレーキはかけてもブレーキランプが点灯しません。
急激に減速もしないので後続車にも迷惑がかかりにくいのもメリットです。
そこでバックミラーで後続車の有無と車間距離を確認してゆったりとブレーキを掛けたい場面ではエンジンブレーキを活用するよう心掛けましょう。

エンジンを守る効果

長い下り坂を下っている時にはフェード現象とペーパーロック現象の危険があります。
フットブレーキはエンジンブレーキとは違い連続して使用すると摩擦熱がかかってブレーキの性能を下げることになるのです。
そうするとブレーキが一切効かなくなってしまいます。

そこでフットブレーキを多用せずエンジンブレーキを活用することでブレーキパッドのダメージを軽減して長持ちさせるようにすることができるのです。
さらにブレーキペダルから離れることでブレーキパッドの冷却にも効果があります。

エンジンブレーキを活用することでブレーキパッドの負担が軽減できるのでブレーキパッドの消耗を抑えるのにも効果的です。
消耗がどのくらい抑えられるかは普段のブレーキのかけ方や車の種類によっても違ってきます。
しかしブレーキパッドが少しでも負担を軽減できて交換頻度が下げられると安全に運転ができるだけでなくメンテナンス費用を抑えることにも効果的です。

エンジンパッドだけでなくタイヤの摩耗を軽減するのにも効果があります。
車が減速する際にはタイヤにもかなりの負担がかかっており摩耗する原因です。
そこで緩やかにブレーキがかかるエンジンブレーキを活用することでフロントタイヤにかかる負担を軽減することができタイヤの負担も軽くすることができます。

車によっては燃費効率を上げることにも効果的です。
ブレーキのみで減速をすると燃料消費量はかなりかかりますがエンジンブレーキを活用して燃料カットをすれば省エネも期待できます。

Scroll to Top