高速道路を雨の日に走る時のブレーキ操作

雨の日の高速道路は怖い

最近では高速道路も排水や透水性が優れており水たまりはかなり減っています。
それでも雨の日にはハイドロプレーニング現象が起こりますし危険が多いです。

特に近年ではゲリラ豪雨も増えており急にものすごい雨が降ることも少なくないです。
このような場面で運転を安全に行うためにはブレーキの使い方がポイントになってきます。
どのようにブレーキを踏みこんでいくと雨の日でも安全に高速道路が運転できるのでしょう。

ハイドロプレーニング現象対策

雨の日のブレーキングで大切なのがハイドロといわれるハイドロプレーニング現象です。
高速道路を雨で水のたまっている路面を走っている時にタイヤの路面と路面の間に水の膜ができることで車がコントロールできない状態になるというものでハンドル操作ができなくなります。

ハイドロが起きた場合には一切の操作をしないことが大切です。
水の上をすべるためブレーキを踏みたくなりますがブレーキは我慢するようにします。
アクセルからも急に足を離さないようにしてステアリングも動かさないようにしましょう。

多くの場合ハイドロは一瞬で終わります。
ハイドロが終わればタイヤのグリップが復活をするので普段通りに運転ができるのです。

もしもステアリングを操作していると切った方向に車が飛び出してスピンする可能性があります。
これはハイドロが原因で起こる事故で最も多いものです。

ハイドロが起きやすい場所を知っておく

ハイドロが起こりやすい場所はわだちや水たまり、舗装の古い道が多いです。
高速道路の場合にはトンネルの出口は水がたまりやすいですしトンネル内の路面と地面の状態の変化が大きいのでハイドロが起きやすくなります。

そこでハイドロが起こりやすい場所を知っておくと事前に少しスピードを抑えたり心がまえができたりして対処がしやすいです。
ハイドロが起こるとうまく操作ができないためどうしても気持ちが焦ります。
あくまでもハイドロが起こるのは一瞬でありすぐに状態は改善しますからハイドロが起きやすい場所を走る時には事前に心構えをしておくだけでも焦らず対処がしやすいです。

無理に走らない

雨が強く降っていて路面が悪くなおかつ前面が見えにくい状態の時には少しでも安全を確保して走ることが大切です。
特に高速道路はスピードが出ているので急に止まることができなくなります。
周囲の車とのトラブルを回避するためにも車間距離をとったり車線変更をして減速をしたりして無理して走らないことを心掛けましょう。

雨が強くて走るのが不安な場合にはサービスエリアに入って少し休むことも大切です。
今はスマホを使えば雨の状態も把握ができます。
雨が収まるまでの時間を確認して休憩をとるようにすれば大雨の中走らなくてよくなります。

Scroll to Top