車のアウトインアウトとは?

アウトインアウトとは

アウトインアウトというのはレースで使われるコーナーでのライン取りのテクニックのことです。
レースでは0.01秒までの速さを競っているため少しでもスピードを維持するためにはコーナーで速度を落とさないようにするために直線に近いラインで走行することが必要となってきます。
そこで求められるのがアウトインアウトです。

アウトインアウトで走る場合には左コーナーにはコースの右端から入っていきます。
アウトから入っていきその後インコースである内側を目指し最後に再度コースのアウトを走行するのです。
このように走ることによって実際のカーブの半径よりも大きく走ることになり直線に近い形で走ることができます。

アウトインアウトで走るとコーナーでインにぴったりくっついて走るよりも走行距離は長いです。
しかし直線に近いラインで走ることになるので速いスピードを維持して走りぬくことができるようになるので最終的にはスピードを維持して速く走れます。

アウトインアウトのコツ

アウトインアウトではコーナーの入り口から出口までを直線につないでいく必要があります。
直線に近いラインをとるためのコツは2つです。

まずは車両感覚を把握して走るようにします。
コースのアウトラインとインラインに車をつけるように走るので車の幅がどのくらいかという感覚が掴めていないと正しい位置に車を走らせることができないのです。

右ハンドルの場合には左コーナーではアウトラインに寄るのはわかりやすいですが員による場合には後輪の位置がどのあたりかわからないとギリギリの場所にインをすることができません。
自分がコースのどのあたりの位置にいるかを把握するために車両感覚が必要です。

次にクリッピングポイントが必要になります。
クリッピングポイントというのはアウトインアウトでコーナーのどの位置で一番内側に着くかというポイントのことです。
コーナーを真上から見てアウトインアウトのラインを描いていくとクリッピングポイントをイメージしやすくなります。

ただしコーナーが近い場合には連続してスムーズにアウトインアウトのラインを取ることが必要です。
そこで常にアウトインアウトのラインを取ることばかり考えるのではなく全体としてきれいなラインを意識しながらライン取りをして行くようにしましょう。

アウトインアウトのラインをうまくとるためのテクニック

ライン取りをすること以外にもコーナーを速く走るためにはテクニックがあります。
その一つがスローイン・ファストアウトです。
これはコーナーの入り口にはゆっくりと入るようにして出口では速く走るというものでライン取りをスムーズにすることを助けてくれます。

レースではコーナーは直線と同じスピードで曲がりきることは不可能です。
そこでコーナー手前で減速をしていきますが十分な減速をすることでクリッピングポイントについてライン取りをして行くようにします。
クリッピングポイントを通過した後は直線コースで出口を目指すので加速してコーナーを抜けられるようになるのでスピードアップができるのです。

Scroll to Top