ブレーキングをマスターすることが重要

運転で大切なブレーキング

車を走らせる中で大切なことの一つがブレーキングです。
安全運転のために適切なブレーキが必要なのはもちろんですがスポーティーな走りでもブレーキングは大切になってきます。

車を走らせるためには必要のないテクニックはありません。
危機回避のためにはもちろんのこと加速をすることにもコーナリングにもブレーキングは影響を及ぼしていきます。

特にモータースポーツのような走りではアクセルを踏んでスピードアップをしている様子ばかりに目が行きます。
しかし速く走るためにはブレーキングのタイミングを見極めてできるだけ少ないブレーキングを心掛けることが何よりも大切です。
ブレーキをかけて減速がうまくできないとコーナーで膨らんでしまったり曲がり切れなくなってしまったりして出遅れてしまう原因となります。

上手にブレーキングをするコツ

ブレーキをかけると車は前のめりになり、かけすぎると体が前に投げ出されるような動きをすることになります。
私たちの体に負担がかかるようにタイヤにも車の重さがかかるので車にかかる負担も軽減することが必要です。

とはいえスムーズにブレーキングをかけるためにはフロントタイヤに適切な荷重をかける必要があります。
タイヤに荷重をかけてグリップを上げるようにするとコーナリングがスムーズです。
あくまでもタイヤの性能以上の負荷がかからないようにしながら負荷をかけるようにしましょう。

ある程度しっかりとブレーキを踏みこむためにもタイヤがどのくらいの負荷に耐えらえるのかを知っておくことも大切です。
車によってブレーキの効き方にも違いがあるのでタイヤとブレーキの相性を知っておくと踏み込みの加減がうまくできるようになりコーナー手前の進入速度をうまく調整できるようになります。

ブレーキングを練習する方法

普段の運転でもブレーキングを調整する練習をしておくとうまく調整できるようになりますがなかなかそこまで意識を持つことは難しいです。
できれば広い場所で周囲に車のいない状況で練習をしておくと感覚が掴めます。

まずは自分がどのくらいの速度で走るかとどこでブレーキングをかけるかを決めます。
その後実際にブレーキをかけてどのくらいの距離で止まることができるかを繰り返し確認しておくと自分の踏み込む力とブレーキペダルの加減がわかるようになるので制動距離が掴めるようになるのです。

普段の運転では自分ではしっかりとブレーキを踏んでいるつもりでも実際には踏み足りていないこともあります。
このようなブレーキングの練習をすることで安定してしっかりとブレーキを踏みこむ力をつける練習ができますし制動距離がわかることで正しくブレーキを掛けられるようになるのです。
もちろん急にブレーキをかけなければならない場面でも役立ちます。

Scroll to Top