今さら聞けない、路肩に車を停めるコツ

意外と路肩に車を停めるのは難しい

地方では車の通りも少なく道路も広く取られているので路肩に車を停めるのもあまり難しくありません。
しかし都心部では道幅も狭いですし車の通りも多いですし駐車スペースも狭いことが多いです。
そのため車を路肩に停めたいと思ってもなかなかうまく停められないこともあります。

車をスムーズに路肩に停められないと他の車に迷惑がかかるのはもちろんですが自分の車やほかの車を傷つけてしまうことも少なくないです。
車両感覚をうまくつかんでおくことが路肩に車をうまく停めるためには求められます。

左の車両感覚の掴み方

多くの場合には右側に運転席があるので左側の車両感覚が掴みにくいです。
左側に車とものの間がどのくらい隙間があるのかを把握することができないと助手席側のミラーをぶつける原因となってしまいます。

左側の車両感覚を掴むためには左前方の視界をとらえるのが大切です。
広く車の通りが少ない場所で顔を横に向けて助手席側の窓を覗いて目視でどのくらいの余裕があるか確認をして感覚を掴んでいきましょう。

自分のポジショニングを決める

運転をする際自分が座る場所によっても視界が変わってきます。
そこで自分に合ったポジショニングとその場所での視界を記憶することが大切です。
シートに奥深く腰かけて肩がシートにしっかりと当たる場所でなおかつ首が路面に対して垂直にできるポジションを見つけます。

自分に合ったポジションが見つかったらボンネットの中央からまっすぐ先を見た先と路肩の白線が重なるところまで寄るようにするとちょうどいい場所に車が停められるのが一般的です。
ただし車によって視界は少し変わってきます。
そこで何度か練習して自分のイメージしているラインが正しい位置に来るのか確認してから車通りのあるところでも試すようにしましょう。

もしもうまくできない、線がイメージができない、という場合には練習のためにマスキングテープをボンネットに貼って練習するのがおすすめです。
ラインを実際に引くことで自分のイメージがうまくとらえられるようになります。

面倒ですが車を寄せたらその都度車を停めて実際に車外に降りて実際の路肩との距離を確認するようにするのが大切です。
繰り返すうちにどんどんと同じ場所に車が停められるようになります。

少し練習するだけでも感覚が掴めるようになりピタッと左に車が寄せられるようになります。
自信が持てるようになれば周囲に車が停まっている道や車の通りが多いところや狭い道でも車を路肩に停める時に緊張することなく停められるようになるのです。
基本はどのような車種でも同じなのでコツがつかめれば自分の車以外でも運転をしていて路肩にうまく車が停められるようになります。

Scroll to Top