見落とし注意!安全でスムーズな車線変更のコツ

車線変更は難しい

車で走っていて車線変更をすることが必要な場面があります。
車線変更は運転に不慣れな人にとってはとても大きな課題です。

免許を取りたてのうちは特に緊張するものですがコツを掴めばスムーズにできるようになります。
安全でスムーズに車線変更をするようにするためのコツをここでは紹介していきますから覚えておきましょう。

入りたい車線の速度を確認する

車線変更をする時に一番大切になってくるのがスピードです。
自分が走っている道の速度と合流しようとしている車線のスピードが違う場合には入りたい車線のスピードを確認し流れに従って合流する必要があります。
同じスピードで入るようにすれば合流してすぐに後続車が迫ってくる心配もありません。

流れの速いところに合流するのは自分の速度を上げるため怖いと思いがちです。
そんな時には自分の車線内で後続車に迷惑のかからない程度に速度を落として前を走っている車との間をとるようにします。
前と間があいていることでアクセルを踏み込んで加速をしてもぶつかる心配もないですし余裕がある中で加速して車線変更ができるようになります。

ウインカーを出すタイミング

車線変更をする場合には3秒前にウインカーを出すように道路交通法で定められています。
この3秒前というのは相手や周囲の車に驚かせることなく車線変更をするために大切なタイミングです。
ウインカーをきちんと適切なタイミングで出すことで自分で安全に車線変更をできるようになります。

車線変更が苦手な人はできるだけ早めに自分が車線変更をすることを伝えようとウインカーを早く出しがちです。
しかしあまりにも早くウインカーを出してしまうと周りの車は車線変更を待ってくれていますから迷惑をかけてしまうことになります。
あまりにも速すぎても遅すぎても迷惑になるので3秒を心掛けるようにしましょう。

安全確認をする

実際に車線変更をする場合には安全確認が必要です。
基本的には前方は安全確認ができているのでミラーで自分がいる車線と入ろうとしている車線の安全を確認します。

その後車線側のドアミラーで後方確認をしてから直視での確認が大切です。
直視をすることでミラーでできてしまう死角を確認することで確実に安全な状態で車線変更ができます。

どのような車でも必ずミラーではカバーできない死角があります。
そのため思ったよりも近くに車がいたりバイクが飛び出して来たりすることがあるのです。

運転中に横を見るのは不安に思う人もいます。
しかしミラーでは確認しきれない部分があるので必ず直視で確認をしなければなりません。
一瞬のことですし前方の安全を確認してから横を向くので緊張しすぎずしっかりと後ろまで確認してから車線変更をするようにしましょう。

Scroll to Top