ドライビングテクニックの基本姿勢とは

ドライビングテクニックは大切な運転姿勢

レーシングドライバーのドライビングテクニックは特別な技術が必要なイメージがあります。
しかし実際には自動車の運転方法としては普段公道を走るためのテクニックとほとんど違いはないです。
アクセルを踏みシフトレバーで操作をしてステアリングを切ってブレーキを踏むという作業には違いはありません。

一般的な運転とレーシングドライバーの運転での違いは操作の精度やスピードだけです。
これらは基本的なスキルですが意外と自動車教習所では習っていないものが多くあります。
今一度安心安全な運転を心掛けるためにドライビングテクニックを見直してみましょう。

シートポジションの重要性

レーシングカーの場合にはシートやステアリングを操作しやすくなるように調整されています。
無理な姿勢での操作は集中力が乱れますし操作に遅れが出てしまうためです。

そこでシートポジションを自分に合った場所にすることは運転するにあたってとても大切になってきます。
レーシングカーのようにオーダーメイドで完全に自分に合った位置にすることはできないですが標準のシートでも操作がしやすくなるシートポジションに合わせることは可能です。

クッションが柔らかいシートの場合や浅めに腰を掛けている場合にはブレーキペダルを踏んでも反力で押し返されてしまいます。
そうするとブレーキが効きにくくなったりタイミングが贈れたりする原因です。

適切な位置としてはステアリングを握っても肩がシートから浮かないくらいの距離が望ましいとされています。
慣れるまでは少し窮屈に思われることもありますが正確なステアリング操作には適切な位置です。

ステアリング操作のコツ

レーシングドライバーはステアリングをすごく早く切っているイメージがあります。
早く切ることで速く曲がれるわけではないです。
小刻みにレーシングドライバーがステアリング操作をするのはタイヤの状態に合わせて適宜必要な操作をしているだけです。

ステアリングの操作には押しと引きがありますが押しを意識して行うようにします。
押しを意識することによってステアリングの重さを感じることでフロントタイヤと路面の食いつき具合を確認することができるためです。

シートポジションがしっかりしていると押しの操作だけでステアリングを回せるようになります。
持ち帰る必要なく操作ができるので持ち替えをすることによって操作ができない時間を作らないようにすることができ事故のリスクを軽減することにも効果的です。

ヘアピンカーブのような場所は引きを意識します。
ただ引くのではなくカーブの手前で素早く反対方向に向かって引くようにするとコーナリングで食いつき具合を確認しながら微調整をして安定したコーナリングができます。

Scroll to Top