石川のおすすめドライブスポット

北陸新幹線の開通で利用者が増えた

石川県の地域の見どころには、千里浜なぎさドライブウェイ、白米の千枚田などがあります。

これらがどうして見どころなのかというと、他県では見られない特徴を有しているからです。
ドライブスポットとしても有名なのですが、千里浜なぎさドライブウェイは砂浜を自動車で走行することが可能です。

白米の千枚田は、棚田になっている田んぼのそばを走れるようになっており、交通の便も悪くありません。
これらのドライブスポットは、過去から現在にかけて、何度も各種メディアで特集されているという実績もあり、そのため、今では日本人の観光客だけでなく、外国人観光客が訪れることも多くなりました。

世界的に有名な千里浜なぎさドライブウェイ

国内のドライブスポットの中で、特にポピュラーなのが千里浜なぎさドライブウェイです。

なぜこれほどの人気を得ているのかというと、将来的に、千里浜なぎさドライブウェイを走行することが難しくなると言われているからです。
現在も、砂が降り積もった砂浜を走行することは可能なのですが、今では波打ち際が抉られている状態になっているため、昔に比べて多くの自動車が走行できるわけではありません。

このような希少価値を秘めているため、千里浜なぎさドライブウェイの利用者が今では増加傾向にあるのです。
また、千里浜の砂は砂粒の形状が独特と言われており、他県では見られない性質を秘めています。

このような性質があるため、千里浜の道を走行する際は好きなラインで走れるようになっており、このような爽快感を得る目的のみで、千里浜なぎさドライブウェイに来る人もいるのです。
ただし、飲食店については夏季以外は営業を行っていない、もしくは、千里浜なぎさドライブウェイの端に存在する店以外では飲食を行えないなど、飲食に関する問題も存在します。

このような問題もあるので、利用の際は営業を行っているのか確認してから、石川県の千里浜なぎさドライブウェイを利用したほうが良いでしょう。

ノスタルジックを堪能できる白米の千枚田

石川県には千里浜なぎさドライブウェイだけでなく、昔懐かしい雰囲気を楽しめるドライブスポットが存在し、その中でも人気が高いスポットなのが白米の千枚田です。

白米の千枚田は、輪島市で見かけるドライブスポットなのですが、日本海に面しているという特徴を有しているため、夕日がキレイに棚田に反映される特色があります。
季節によっては稲の収穫など、昔では良く見られた光景を見ることも可能になっています。

夕日が良く反射する時間帯になると、夕暮れ時を実感できる静かさ、潮騒の美しさを堪能できるため、このような時間を狙って走行される人も増えてきました。

Scroll to Top