新潟のおすすめドライブスポット

写真撮影スポットが点在する

実は新潟県には、多くの写真家に愛されているドライブスポットがいくつもあるということで、一部で有名です。
また、そういった写真を見ては「実際に訪れたい」と思った人たちが集まることで有名になった土地も少なくありません。

具体的には、風光明媚な海岸線を散策しながら夕日を眺める、もしくは、沈みゆく夕日を眺めながらのドライブなど、歩く、自動車で移動する際の景観の良さがあります。
道路幅が広いので、道に迷ってしまうことが少なく、夕日がゆっくりと沈んでいくのも新潟県ならではの魅力と言えるでしょう。

旅行ガイドブックなどを参考にすると、多くのビュースポットを簡単に確認することができます。
そのため、好きなポイントを転々とするだけでも、いつの間にか各種ドライブスポットを散策していることになり、段々と新潟県のことを好きになっていけるのです。

有名なスポットには、妙高、尾瀬といった山岳公園、上杉謙信や直江兼続などに関連している城跡もあるので、ドライブスポットを楽しむ一方で、このようなスポットを散策するという楽しみ方も可能です。

写真家の間で有名なスポット

日本一海に近い駅で知られている青海川駅ですが、こちらはホームの前がすべて海というほど、新潟県の絶景スポットとして有名です。

近年では、青春18きっぷを通じて有名になりましたが、今までに何度も新潟県を紹介するポスター、映画のロケ地として使用されている背景があります。
駅のホームに立つことで、海を見下ろせるようになっているのですが、波は荒くなく穏やかなので、海全体を視野に入れて海を眺めることが可能です。

青海川駅の近くにはドライブスポットも存在し、絶景スポットを堪能した後は、このようなスポットを活用してドライブを楽しむ人も増えてきました。

美しい夕日を眺めることができる

新潟県の日本海夕日ラインは、新潟県の中でも長い海岸線として有名です。

約337kmを縦断する海岸線となっているのですが、夕日が沈みゆくタイミングで走行すると、夕日の赤、道路の白黒がくっきりと見えるようになるため、新潟県の中でも特に有名なドライブスポットとされています。
日本海夕日ラインの角田浜は、越後七浦シーサイドラインの起点となり、弥彦山スカイラインにつながっているスポットとしても有名です。

日本海夕日ラインを走行すると、シンボルとして有名な白い灯台を見ることも可能ですし、他にも源義経が身を隠したと言われている、判官舟かくしの洞窟に立ち寄ることもできるのです。

その他の特徴として、日本海夕日ラインでは日本海の荒波によって削られた奇岩、そして岩を貫いているトンネルなども見ることができます。

Scroll to Top